ミートファーム

 

ミートファームの馬肉

馬肉を日本の食卓に

馬肉を日本の食卓に

馬肉は、日本古来から続く重要な食文化です。
「もっと多くの食卓に馬肉を登場させたい!」
その気持ちを胸に、馬肉の美味しさを理解していただけるよう、私たちはお客様に美味しい馬肉をお届けし続けます。
日本の食卓に日常的に馬肉が並ぶ日がくるよう、馬肉食の地位向上と普及につとめ、 安全な馬肉の全国的な普及を目指します。

肉質の特徴

馬肉の特徴は、馬肉のタンパク質は牛肉や豚肉の2倍以上含まれているのに、脂肪分はわずか牛肉の約5分の1で、カロリーは牛・豚肉の約半分しかありません。
また、カルシウムは牛豚の3〜4倍、鉄分は牛豚の約3〜4倍、鶏の約10倍、ほうれん草やひじきよりも豊富に含まれています。
そして馬肉は、食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いタンパク質です。
なので、女性やお子様にもご年配の方までぴったりの食材です。

肉質の特徴

徹底した衛生管理

徹底した衛生管理

0℃に設定した原料冷蔵庫から加工する肉を取り出し、原料包装殺菌層を通して加工室に移します。肉は電解水で表面を洗い流して殺菌し、加工作業に移ります。
加工室はクリーンルームに設計され、陽圧にして気流制御することで外部から空気が流れ込まない仕組みを採用しています。

サニーフィルターダストシステム
体感温度を維持したまま温室をさらに3℃〜5℃低く設定可能。
計数法99%以上の高い捕集効率のフィルターをかねたダストで清潔な噴出します。
このサニーフィルターダストシステムが、工場内の室温・空間衛生面を万全に管理しています。

作業工程

製品化した馬肉は、真空包装機で真空パックします。

さらに、金属探知機を通して異物が混じってないかを厳しくチェックした後、出荷準備室で箱詰めしていきます。
加工室、並びに出荷準備室は室内の温度を11℃に設定しており、食品の鮮度管理に細心の注意を払っています。

※契約先加工場になります。

作業工程